里の湯和らく ウォーキング部 その②

皆様おはようござます!!

低血圧の遠藤です^^朝が弱いです。
でも、ワクワクドキドキすることがあると
そんなの関係ないくらい朝早起きです(笑)
だから、きっと低血圧で起きれないのではなく
自分の都合です^^;

朝早起きして、その日の一番先に取り組むべき事をすると
その日一日充実したものになると最近気づきました。
皆さんは如何ですか?
早起きは三文の得と言いますが、それ以上の価値があると思います。
続けていきたいものです^^

さて!先日の続きですが
明日書きます!!!などと宣言しておきながら
間に、甲能さんのブログを挟まれる程おくれてしまいました(-_-;)
続けることと、約束を守ることの大切さ、、、実感してます。

ではでは♪

迷い?(わたしのせいで(^^;)ながらも、清流の森を抜けていきます。
その名の如く、美しい清流が流れる脇をそのせせらぎに癒されながら
歩いていきます♪

 

20140114_135427

 

 

 

 

こちらは初夏の清流の森

以前のブログ(⇐クリックすると飛びます^^)

苔むした石の青がとっても良い雰囲気です♪

 

清流の森2 清流の森5 清流の森3

 

 

 

 

歩いてきます!

 

20140114_135607

 

 

 

 

飛び石に足場が配置されてます^^

 

20140114_135633

 

 

 

 

ここなら、避けようがないので(笑)
甲能さんをパチリ☆

 

20140114_135638(0)

 

 

 

 

 

20140114_135610

 

さまようソンミン^^
好奇心旺盛(私が煽ったのですが(^^;)の為
別ルートから登ろうとこころみてます。(私がすすめたのですが(^-^;)

おーい!
ここだよー♪
と、すすめた本人は上から見下ろしてます。( ゚Д゚)

 

20140114_135843

 

 

 

 

見えてきました!
恋人たちの丘♪

 

 

20140114_140522

 

 

 

 

ちなみに初夏はこんなんです♪

 

風立ちぬ

 

 

 

 

阿蘇山を望む・・・

中岳活動活発やなぁ~

など、思いながら。

 

20140114_140627

 

 

 

 

 

20140114_140956

 

 

 

 

長谷部が鳴らす!

恋人たちの丘の鐘、、、

バッシーが優しく見守ります^^

意外に響きます♪

 

20140114_140948

 

 

 

 

恋人たちの丘を後にして

下って行きます。

 

20140114_141453

 

 

 

 

ウォーキングコース

”まるばのぼり”

温泉街から平野台に行くには一番近いコースです。

 

20140114_143108

 

 

 

 

写真では伝わりにくいですが

結構な傾斜です。

 

20140114_143000

 

 

 

 

奥の湯さんお脇を抜けて・・・

避けられずにパチリ☆(笑)

 

20140114_143552

 

 

 

 

黒川の守り神

首なし地蔵さまにお参りして(^人^)

 

20140114_144911

 

 

 

 

少し遅めのランチ♪

中食堂で腹ごしらえ^^

中食堂については後日・・・

 

20140114_145534

 

 

 

 

と、と~っても良いウォーキング研修になりました^^

バッシー(石橋さん)の目がキラキラしていたのが一番印象的でした(笑)

団結力も高まったような♪

普段、自分達では中々行かないので、とっても勉強になったと好評でした。

この後は、それぞれ行きたいお宿のお風呂に入り、また歩いて帰りました^^

私は、湯本荘のお風呂に入ったのですが、いやぁ~♪泉質が和らくとは違うので

また、新鮮な気持ちで温泉が楽しめました^^

黒川温泉は、日本全国で大まかに9種類あると言われる泉質の内

6種類が、この狭い範囲にある珍しい温泉地です。

ただの湯めぐりではなく、泉質巡りをするのも一興と思います♪

そのことについては後日(後日が多いですが(-_-;))

また、お会いしましょう♪

和らく 遠藤

お酒好きの方そうでない方も是非!

1月も後1週間ほどで終わりますが、未だに8キロ増キ-プしてます

甲能です。ダイエットしようと思いつつ毎晩の晩酌(^^;・・・止められない。

和らくに御宿泊のお客様、是非BAR SUN,MOONへどうぞ!

お食事処には置いてない、ウイスキー、バ-ボン、カクテル他

ノンアルコールのカクテルもございますので、アルコールがお嫌いな方も

BARの雰囲気を味わってみて下さい。

昼間の喫茶営業もございますので

ご確認の上、お越し下さいませ。

 

 

TK

 

 

里の湯和らく ウォーキング部 その①

皆様こんばんは♪
今朝は小雪舞う冬らしい風景でした^^
こんなに雪が少ないのも珍しく
積もらず適度に降る雪は
私たちにとっても癒しの風景です。

フロントの甲能さんがブログを書いてくれてたんですが
補足的に今日は更新2回目です!
さて!!
先日、1月14日に和らくの男性スタッフで(というよりほぼ男性しかいませんが(-_-;))
お昼から、業務的な部分で裏の仕事の意識の共有のため
ベッドメイクとリネン等の回収の研修(動画で撮影して、それは笑いあり涙あり(笑)
とていも有意義なものになりました^^)と
”おもてなし”の質の向上のために、和らくの近くの素晴らしい景色や風景をお客様に説明できるように
ウォーキング研修にいきました!

コースとしては、
和らく→すずめ地獄→奇岩石群→清流の森→平野台→まるばのぼり(ウォーキングコース名)を経て、黒川温泉街へ♪というものです。

 

みんなの笑顔^^
最後まで笑顔でいれるかな?

写真はクリックすると拡大します^^

 

 


20140114_131626

 

 

 

 

 

和らくの上の道を歩いていざ!すずめ地獄へ♪

 

 

 


20140114_132258

 

 

 

 

 

写真に写るのを避けようとする甲能さん^^

ばっちり写ってますよー♪

 

 

20140114_132259

 

 

 

 

 

すずめ地獄までは歩いて15分ほど到着♪

 

 

 

20140114_133527

 

 

なんでこんな物騒な名前がついているかと言うと・・・

 

 

 

20140114_133023

 

 

 

 

亜硫酸ガスが発生して、スズメなどの小動物の死骸が見受けらることから
この様な名前がつけられいます。気管支が弱い方や子供さんが長居すると
気分が悪くなりますのでご注意をm(__)m
でも、この冷泉は皮膚病に良いみたいです。汲んで帰るお客様もいらっしゃいます。

 

 


20140114_133222

 

 

 

 

 

またもや甲能さんを隠し撮り^^

冷たい冷泉が湧き出ています。

物凄い硫黄の匂いが立ち込めています。
金属がこの空気に当てられてすぐに色が変わります。

 

 

 

20140114_133126

 

 

そして次の目的地へ

 

 

 

20140114_133014


 

 

 

 

清流の森の入口
20140114_133524

 

 

 

 

入口を抜けてすぐ
屋根付きの休憩所が

 

 


20140114_134156

 

 

 

 

 

ちょっと一休み^^

 

 

 

 

20140114_134218

 

 

 

 

 

 

ある意味このウォーキングを一番楽しんでいた
外回りの石橋さん
石橋さんの伝説は後日・・・^^
(バッシー(石橋さんのニックネームです^^)伝説!)

 

 

 

 

20140114_134417

 

 

 

 

 

 

奇岩石群という奇妙な具合で穴があいている石が
散らばっています。

 

 

 

 

20140114_133611

 

 

 

 

 

20140114_133745

 

 

 

 

 

なぜにこういう石が点在しているかわかりませんが
阿蘇山の噴火で、、、、という説もあり(詳しくはわかりませんが)
不思議な光景です。

 

 

 

20140114_133750

 

 

 

 

 

 

不思議そうに石を見つめるバッシー♪

 

 

 

 

20140114_133831

 

 

 

 

20140114_133644

 

 

 

 

 

そして、私は何度もここに来ていたのに
道を間違えてしまいました(;’∀’)

通常、清流の森は先ほどの休憩所から左に抜けるのですが

右側に石段の歩道を見つけたのでそちらに皆を誘導

 

 

 

 


20140114_133631

 

 

 

上からスズメ地獄を見下ろす場所にきました。

なんか違うなぁ・・・(記憶と違う道になんとなく気づき始めていましたが
はっきりわからず^^;)

 

 

 

 

 

 

20140114_134502

 

なんと!!朴葉のほおの木が!!
この葉♪朴葉味噌や朴葉焼きなど料理に使う貴重な葉です^^
たくさんの朴葉が落ちていて興奮(笑)

 


20140114_134945

 

 

これです!!

 

 

20140114_134708

 

皆にも説明♪

たくさんの朴葉(@_@)

 

 

20140114_134654

 

 

しばらく進み・・・

おや・・・?( ゚Д゚)

ここはどこ・・・?

と、知ったかぶりでアテンドしていた(事がバレた(‘◇’))

私はダッシュで元来た道を引き返し確認に!!

 

もう一度確認!!

清流の森の入口見つけたー!!

引き返してきた皆を「こっちですよー♪」と、
さも知っていたかのように案内(;^ω^)

 

20140114_135158

無事!?(結果オーライです!)清流の流れる森へと歩いていくのでした♪

続きは、また明日!!

和らく 遠藤

リフレッシュ^_^

和らくウォ-キング部の甲能です。(^^)

先日のウォ-キング、久しぶりに歩いたぁ~って感じです。

歩き始めは寒くてもみんな話してワイワイ!

清流の森を抜ける頃には・・・私だけですが(;’∀’)

恋人たちの丘に登る途中の阿蘇五岳!!

冬の眺めもいいですね。

皆様も是非、ウォ-キングからの阿蘇五岳、いかがですか!tkouno

睦月のお献立♪

皆様こんばんは♪
今日は、朝から慌ただしく
書く時間がなかったので、今頃更新しています^^

今日は、和らくのお料理の紹介

うちの料理長は、今年で勤めて三年目になります。
畑中料理長と言います。
見た目と、手のゴツさとは裏腹に
とても繊細な(失礼ですが(;’∀’))料理を作ります。

お客様の反応もそれぞれではありますが
とても、とても高評価(今まで行った中で一番よかったなど・・・)
をいただく事が多く、本当に有難い限りです。m(__)m
私も一応、自称料理人なんですが、(詳しくは後日・・・)
料理長の料理は、凄いと思います。
何が凄いかって・・・?
食べに来ていただいたらわかります^^

味もさることながら、盛り付けが細かい
それと、お客様が入られて調理するので
(普通の宿・・・と言ったら失礼ですが、ほとんど前に盛り込みをしたものを提供する
スタイルの宿が多いと思います。)その場、その場で調理、盛り込みをしているので
お食事が始まった時の調理場の様子は、声こそ荒げない(たまに荒げます(;’∀’))ものの
静かな闘志をまき散らしながら、そのオーラに負けないように仲居さんやサービスは
お客様の元に幸せをお届けしております♪

つまり、始まったらそこは戦場!!
料理人の息が合った時、そして、それにサービスが見事に合致したとき
感動が生まれます!(まだまだ未熟で、未だその域に到達しておりませんが<m(__)m>)
まぁ、その感動を目標にしながら日々精進しております。
さて、前置きが長くなりましたが
睦月のお品書きを書き添えます♪

睦月のお献立

 

酒菜        豚角煮

           湯葉蟹庵

味彩    牛タン煮込み

           茄子田楽

      河豚千草和え

      鮭市松

     松前漬け

      帆立黄金

      合鴨味噌焼き

 旬鮮    河豚

魚事    鮪

      牡丹海老

お凌ぎ    水前寺菜麺

      山芋とろろ

      寿司

留肴      肥後牛鉄板焼き

 食事      白御飯

 止椀      赤出汁

香の物    新香

 水菓子    本日のお菓子

奥黒川温泉

    里の湯 和らく

    料理長 畑中 常実

以上です!!
まぁ見たところで何が何やらでしょうから
少し写真で紹介します♪

 

 

20140111_190446

 

 

 

20140111_185052

 

 

20140112_182012

 

 

 

 

写真の技術がないので、これでご勘弁を・・・
このお料理内容、料理長の気分・・・というか
その時、最高の食材が入ったりした場合は急に変わります。
これも、私の尊敬するところで(サービスは大変ですが(;’∀’))
本当に料理人だなぁ・・・と、感じるところです。
又、だいたい季節でメニューが変わるのが旅館のお料理の普通だと思うのですが(私が今までいたお宿玄河もですが)和らくは、料理宿とうたうだけあり
毎月メニューが変わります。(一部が変わっても、ほぼ変わるのは珍しいと思います。)

それと・・・
黒川温泉はどこも山里料理で肉と野菜と川魚が決まって出てくると
あまりお料理には期待をされていないで和らくへお越しいただくお客様も
実際、多いようです・・が、オープンキッチンの料理宿【和らく】では阿蘇の
食材だけにとらわれず、熊本で旨いといわれる食材を積極的に仕入れて
口の肥えた都会のグルメなお客様にお応えしたいと考えます。
(バラエティ豊かなお品の為、好き嫌いが多い方には少し向いておらず、
量より質重視で美味しいものなら何でも食べてみたいとおまかせを
頂ける方には料理長も頑張りたいと申しております。)

最近好き嫌いが多いお客様が沢山いらっしゃいますが
実際、その食材を口にして食べれるようになったお客様もいらっしゃいます^^
和らくでは、好き嫌いな食材等を完全に除いて提供して欲しい(特に旅行社からのリクエスト)
と言われることが多いのですが、その場合、別に食材を仕入れ
改めてきちんと調理をしている為、別に料金をいただいております。m(__)m

お客様に、今ある食材で調理することも簡単なのでしょうが、畑中料理長は
せっかくお越し頂くお客様のお料理は、きちんと作りたい!(その為、きちんと組み立てたコース仕立てになっております。)とのポリシーから、余った材料で作るのはお客様に失礼だ!
と言う事で、特別に仕入れ調理、提供しております。
中には、何で嫌いな食材位ただで変更してくれないの?
と言われるお客様もいらっしゃいます。
そのお気持ちもよーくわかります。
高いお金を払ってきているのだから、変更してくれて当たり前じゃなの?と、、、
よーく!!!わかります(>_<)
しかし、ただ簡単に調理したものを、とりあえず変更した内容のお料理を
楽しみな夕食時に召し上がりたいですか?
レトルトの技術も数年前に比べ数段レベルが上がったとはいえ
そんな食材を食べてみたいですか?(レトルトの料理を否定する訳ではございません
。手をかければ美味しいものができるともかぎりません)
そういった食材を使えば簡単に変更できるかもしれません。
しかし、うちの料理長は料理に妥協を許しません!
自分の手で、必ず食材に触れ、その食材が持つ美味しい声を聞き
そして調理します。
つまり、手間と暇がかかるという事です。
確かに、旅館はホテルと違い、(好きなメニューだけを選んで食べれたらベストですが)
ある程度、内容が決まっております。又、流通が便利になったとはいへ、ここ山奥の黒川温泉で
山の野菜は入っても、新鮮な魚介類は、ちょっと買いに行ってくる~♪といって買いに行ける距離でもありません。その、お客様の為だけに時間を割くという事は、レストランで別に料理をオーダーする事と同じと考えます。
なので!料金が発生するという事です。
私共としましても、お客様にそのことをお伝えする事は大変心苦しい事ではございますが
せっかく楽しい旅行が、その中で、かなりのウェイトを占めるであろうお食事が
悲しいことになる(大袈裟かもしれませんが、食いしん坊の私にとってはかなり悲しい事です^^;)
のはもったいないと思います。
と、言う事で!私は好き嫌いがない人(お客様ではないですよ^^)が大好きです!!!
アレルギーをお持ちのお客様は、この限りではございません。
しかし、念の為アレルギーの処方されているお薬はお持ち頂くと助かります^^
少し、熱く語りすぎましたのでここらへんで・・・

料理に熱い男!!!遠藤でした^^